社会問題の一つです|憧れのアロマのセラピストになれる|道が広がる

憧れのアロマのセラピストになれる|道が広がる

社会問題の一つです

男の子と保育士

未来の人材を育てる場です

ニュースなどで見かける、待機児童に関する事象は、今や社会問題にも発展しつつあります。何故ならば女性の社会進出が行われている現代において、子供を預かってくれる施設が見つからないからです。そのために保育士の養成と、保育施設の増加が急務とされ行政も対応に追われています。しかし現実には、保育士も保育施設のどちらの数も、不足しているのが現実です。この問題は、各自治体に任されているので、地方によっては対応が違っています。比較的土地が安く、保育施設の建設地を確保しやすい地方に比べると、都心部は場所を確保することが難しいのです。他には人的な確保が重要ですが、子供の教育と福祉という資質を持った保育士が必要とされています。

どんな施設で働きたいのか

現在必要とされる人数が不足しているため、基本的な給料を上昇させようとする動きがあるのが保育士という仕事です。女性だけではなく男性にも候補者がいて、長く続けられる仕事として人気が高まっています。どうすれば保育士になれるのかというと、専門学校か短期大学あるいは大学に通うことです。基本的には、どの学校を出ても保育士としての資格取得はできます。しかし学校によってカリキュラムが違い、少しずつ取得できるスキルが違うのです。例えば専門学校は、保育に焦点を合わせて授業が進められ、現場ですぐにでも使える内容に集中しています。短期大学ならば、幼児教育と福祉という視点で授業が進められるので、バランスのとれた授業で学べるのです。そして大学では、臨床心理士や小学校教諭一種といったより専門的な資格も取得できます。それぞれにメリットとデメリットはあるので、本人の予算や時間そしてどんな施設に勤務したいのかを、確りと考えてから学校を選ぶのが賢明です。