今後必要となるスキル|憧れのアロマのセラピストになれる|道が広がる

憧れのアロマのセラピストになれる|道が広がる

今後必要となるスキル

カウンセリング

通信制との違い

失語症や音声障害、吃音などの障害について学ぶことにより、医療・介護・福祉などの専門分野で活躍が期待できるのが言語聴覚士です。資格取得には、リハビリ施設などでの臨床実習や研修が行われ、技術を磨きます。今後問題が深刻化する見込みのある社会保障制度の知識を増やすために、社会福祉や教育についても専門学校で学びます。国家試験は5肢択一式の筆記試験で、科目は基礎医学から臨床医学、失語や高次脳機能障害学などが挙げられます。難関とも言われている言語聴覚士の試験ですが、学校でのカリキュラムや学習の進め方、受験対策に万全を期することで合格率は約8割を超えています。国家資格でもあるため、受験資格を得ることが必須で、従来の通信制大学の場合、長期間の学習でも成果が見えないケースもあります。受験準備と生活の両立が困難になりやすく、計画性では専門学校に通い、キャンパスアドバイザーへの相談も時には必要です。

活躍の幅

医療系の学問や技術は日々発展し、専門学校での教育課程、単位を習得することで国家試験の受験資格を得ることが可能で、言語聴覚士も同様です。資格を取得するだけではく、医療・福祉・教育分野のスペシャリストとチーム医療や連携を図るためにも、生涯にわたり職業訓練は必須です。多くの学校では卒業生に対しても訓練施設を開放し、言語聴覚士を続けるモチベーションに繋げてくれる点でも評価されています。就職活動に関しても医療系の施設のみならず、ネットワークの広さから、地方自治体の福祉関連や言語障害児学級などの教育系分野での求人情報も在学生に提案しています。もちろん、働きながら資格を取得でき、大卒後のサポートも専門学校では充実させているため、これからの活躍の期待度や注目度が高い資格であることも支持率を高める理由です。