憧れのアロマのセラピストになれる|道が広がる

社会を生き抜く術

背広の人

現代のビジネスはパソコンでの情報収集や高齢化社会に目を向けて、世相の情報をより集める資格や対人間関係の力を高めたり、会社の環境をよりよくして社員のやる気向上などのメンタル面に気を使った資格が必要なようです。

View Detail

社会問題の一つです

男の子と保育士

保育施設の増加を進められている現代において、保育士という仕事は将来有望な職業として人気が高まっています。保育士になるにはどんな学校があるかというと、専門学校・短期大学・大学という選択肢があるのです。最終的には、どんな施設で働きたいのかを描いて必要な資格が取れるところを選択しましょう。

View Detail

今後必要となるスキル

カウンセリング

高校からの進路のみならず、大学を卒業した後からでも専門学校では学びを支援しています。特に国家資格となる言語聴覚士になるには、専門学校での教育が必須です。他の医療系資格と違い、通信講座などでは学べない専門知識や技術、応用するための臨床実習などが展開されています。

View Detail

癒しの資格

アロマセラピー

忙しい現代社会では、癒しはとても重要な役割を持っています。仕事や人間関係で、溜まったストレスやイライラは、早めに解消する事が、心身共に健康を保つ事につながります。手軽にリラックスできると、女性を中心にブームになったのが、アロマセラピーです。これは、植物から抽出したオイルを使って、癒し効果や健康を得る事を意味しています。アロマオイルは、香りを楽しんだり、マッサージに利用するなど、様々な活用方法があり、その魅力にひかれて、アロマセラピストを目指す人も、増えたのです。アロマセラピストとは、アロマオイルを使って、第三者にマッサージなどの施術を行ったり、アロマについて指導やアドバイスする事ができます。しかし、アロマセラピストは民間資格のため、治療や医療行為は行えないので、用心しましょう。

アロマセラピストは、癒しの仕事の中でも、選ぶ人が多い職業です。その理由は、自然療法であり、植物の持つ力で、健康や美しさを、提供する事ができるからでしょう。アロマオイルは、とても沢山の種類があり、香りや効能は異なっています。例えば、ラベンダーは代表的なオイルですが、気持ちを落ち着かせる鎮静効果、鎮痛や抗菌効果なども持っています。また、幾つかの種類を組み合わせることによって、更に効果を高めることができるのです。薬を使わず、植物の力を使って体調不良や、精神面を落ち着かせる事ができるため、やりがいのある仕事だと言えます。また、アロマセラピストは、民間資格なので、勉強すれば誰でもセラピストとして活躍する事ができます。これも選ばれる理由の1つでしょう。